Vilhelm Hammershøi
ヴィルヘルム・ハンマースホイの世界
ハンマースホイ

木立のある風景

木立のある風景

この風景画は最初期の作品で、1883年、ハンマースホイが19歳の夏に滞在していたユトランド半島南東部の町、ヴァイレで描かれる。

母方の親族が町の近郊を流れるヴァイレ川の岸辺で製紙工場を営んでいたことから、ハンマースホイは1882年、83年の夏をこの地で過ごした。

制作年 : 1883年 / 技法 : 油彩、カンヴァス / サイズ : 51×64cm / 所蔵 : 個人蔵

 

Vilhelm Hammershøi Gallery