Vilhelm Hammershøi
ヴィルヘルム・ハンマースホイの世界
ハンマースホイ

ハンマースホイの代表作

ハンマースホイの代表作

肖像画は妻や妹、また親交のある後援者など身近な存在しか描かず、後ろ姿の人物画も多い。また、ハンマースホイの作品をもっとも特徴づけるのが、誰もいない室内画である。

ヴィルヘルム・ハンマースホイ「若い女性の肖像、画家の妹アナ・ハンマースホイ」 1885年

ヴィルヘルム・ハンマースホイ「裁縫机の女性」 1897年

ヴィルヘルム・ハンマースホイ「アルフレッド・ブラムスンの肖像」 1893年

ヴィルヘルム・ハンマースホイ「休息」 1905年

室内、ストランゲーゼ30番地 1901年

ヴィルヘルム・ハンマースホイ「背を向けた若い女性のいる室内」 1904年頃

ヴィルヘルム・ハンマースホイ「ストーブのある室内」 1909年

ハンマースホイ、ハマスホイの絵ハンマースホイ「ピアノを弾く女性のいる室内、ストランゲーゼ30番地」 1901年

ヴィルヘルム・ハンマースホイ「雪のクレスチャンスボー宮殿」 1909年

ヴィルヘルム・ハンマースホイ「居間に射す陽光Ⅲ」 1903年

 

Vilhelm Hammershøi Gallery