Vilhelm Hammershøi
ヴィルヘルム・ハンマースホイの世界
ハンマースホイ

ハンマースホイの図録と画集

ハンマースホイの図録と画集

『ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情』展覧会図録

ヴィルヘルム・ハンマースホイ(ハマスホイ)の画集のうち、日本語で出版されているのはこれまでこの一冊だけでした。

画集と言っても、これはハンマースホイの作品をランダムに集めたものではなく、2008年に上野の国立西洋美術館で開催された展覧会「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」の図録です。

この2008年の展覧会は、研究者の佐藤直樹氏と、ハンブルク展(2003年)を組織したフェレックス・クレマー氏の共同企画で、ハンマースホイの作品が約90点、同時代に活躍したデンマーク画家ピーダ・イルステズとカール・ホルスーウの作品18点も加わった、大規模な回顧展となりました。

僕はこの展覧会で初めてハンマースホイの存在を知ったのですが、会場を出たあと迷うことなく図録を購入しました。

ページをめくるたびに、時計の針が止まったような深い静寂の世界に招かれるようです。

この図録は、紙質や装丁もよく、数多くのハンマースホイの絵画作品はもちろんのこと、ほとんど情報のなかった画家の伝記的な情報も詳細に記されているので、より深くハンマースホイを知るためにおすすめの一冊です。

2020年の展覧会に合わせて

東京の上野で2020年に開催されるハンマースホイの展覧会「ハマスホイとデンマーク絵画展」に合わせ、図録以外で初の画集が二冊出版されます。

一冊が、2008年の展覧会の共同企画者でもある佐藤直樹さん監修の『ヴィルヘルム・ハマスホイ 沈黙の絵画』。そしてもう一冊が、2020年の「ハマスホイとデンマーク絵画展」を担当した山口県立美術館学芸員の萬屋健司さんの『ヴィルヘルム・ハマスホイ 静寂の詩人』です。

今後ハンマースホイ(ハマスホイ)の日本での認知度の高まりとともに、画集や関連書籍も増えていくかもしれません。

また、2020年開催の「ハマスホイとデンマーク絵画」展の公式図録はネット通販(MARUYODO)でも購入が可能となっています。