Vilhelm Hammershøi
ヴィルヘルム・ハンマースホイの世界
北欧の文化

北欧デンマークの画家

北欧デンマークの画家

この記事では、デンマーク出身の画家ヴィルヘルム・ハンマースホイ(ハマスホイ)以外に、気になったデンマークの画家を紹介したいと思います(随時更新)。

まずデンマーク芸術で有名なのは、デンマークの芸術家村スケーエンを拠点とした「スケーエン派」の画家たちです。

スケーエンは、北海とバルト海に挟まれ、光と自然に恵まれたデンマークの最北端の町です。

ここに、19世紀後半から20世紀初頭、北欧の画家や詩人、作曲家たちが集まり、「芸術家村」をつくりました。

絵画のモチーフとなったのは、漁師たちの働く姿や村人の生活、自然の風景など、日々の暮らしに根ざしたものでした。

アンナ・アンカー[1859 – 1935]

アンナ・アンカーは、夫ミカエル・アンカーとともにスケーエン派として活躍したデンマークの女性画家です。

この町を求めて集まってきた芸術家「スケーエン派」のなかで、アンナ・アンカーは唯一生まれも育ちもスケーエンでした。

同じくスケーエン派の代表画家ペーダー・セヴェリン・クロイヤーが描いた、アンカー夫妻の肖像画は、デンマークの1000クローネ紙幣の肖像画に採用されています。

アンナ・アンカー「漁師の娘」  1890年

アンナ・アンカー「夜の祈り」 1888年

ミカエル・アンカー[1849 – 1927]

1849年、バルト海のデンマーク領の島、ボーンホルム島で生まれ、勉学に励むも貧しさのため16歳で働き始めます。

その後、デンマークの印象派の画家たちとの出会いから、芸術の世界を目指し、美術学校で学んだのち、スケーエンに移ります。

そこでアンナ・アンカーと結婚、古典的な画風から、自然主義的な画風を取り入れるように。二人の暮らした家とアトリエは歴史的な建造物となっています。

ミカエル・アンカー「奴は岬を回れるだろうか?」 1880年頃

ミカエル・アンカー「海辺の散歩」 1896年

マリー・クロイヤー[1867 – 1940]

マリー・クロイヤーはスケーエン派の画家。スケーエン派でもっとも代表的な画家ペーダー・セヴェリン・クロイヤーの配偶者です。

夫クロイヤーはやがて精神を患い、のちに二人は離婚。夫はこの世を去ります。

マリーはスケーエンを去り、家具やインテリアのデザインの世界でも活躍しました。

マリー・クロイヤー「静物画」 1900年

マリー・クロイヤー「縫い物をする女性のいる室内」 制作年不詳

ペーダー・セヴェリン・クロイヤー[1851年 – 1909年]

スケーエン派でもっとも有名な画家。現在のノルウェーで生まれ、デンマークのコペンハーゲンで育ちます。

幼少期から才能を発揮し、14歳からはデンマーク王立芸術アカデミーで学びました。その後、画壇デビュー。欧州を旅行し、印象派のモネの影響を受けます。

スケーエンに移り、マリーと結婚します。

ちなみに彼はヴィルヘルム・ハンマースホイの師でもありました。

ペーダー・セヴェリン・クロイヤー「Roses」 1893年

ペーダー・セヴェリン・クロイヤー「Hip, Hip, Hurrah!」 1888年

ピーダ・イルステズ[1861 – 1933]

スケーエン派以外のデンマーク芸術では、ヴィルヘルム・ハンマースホイの義兄(妻イーダの兄)でもあるピーダ・イルステズが有名です。

ハンマースホイと同様、仄暗く、静かな室内画を残しています。

一見して分かるようにハンマースホイの影響を強く受けつつも、ハンマースホイにはない柔らかな光が温もりを表現します。

ピーダ・イルステズ「読書する女性」 1907年

カール・ホルースーウ[1863 – 1935]

同じくハンマースホイと交友のあったデンマークの画家カール・ホルスーウ。

室内画という共通点はあるものの、どちらかと言うとホルスーウのほうが「フェルメール」に近い生活感と光に照らされています。

カール・ホルスーウ「室内にあるチェロ」

カール・ホルスーウ「窓辺の母と子」