Vilhelm Hammershøi
ヴィルヘルム・ハンマースホイの世界
画家のこと

ノルウェーの画家 テオドール・キッテルセン

ノルウェーの画家 テオドール・キッテルセン

テオドール・キッテルセン「自画像」 1891年

テオドール・キッテルセン(1857 ~ 1914)は、ノルウェーでもっとも人気のある画家の一人で、自然の風景画や伝説の挿絵、また北欧の伝承に現れる妖精「トロール」の絵が有名です。

キッテルセンは1857年にノルウェー南部の沿岸の街で生まれます。父親を早くに亡くし、貧困の家庭で育ったことから、わずか11歳で時計職人弟子入りします。

その後、17歳の頃に当時名を馳せていたパトロンのディートリヒ・マリア・オールに芸術の才能を見出され、クリスチャニア(現在のオスロ)やバイエルン(現在のドイツ)のミュンヘン、パリなどで芸術を学びます。

ところが途中でオールの支援は取り止められ、困窮した生活のなかで芸術の修行を行いました。食べるのにも事欠いた暮らしは、その頃の絵のグロテスクな作風にも影響します。しかし、1889年に、のちに妻となる女性と出会ってからは画風も優しくなっていきました。

そして、再びノルウェーに戻ったキッテルセンは、姉妹とその夫の住むノルウェー北部のロフォーテン諸島で過ごし、恵まれたノルウェーの自然から多くのインスピレーションを得ます。

それから1899年、家族でノルウェー南部のブスケルーに移り住み、アートスタジオで芸術活動に勤しみ、民話の挿絵などの仕事も請け負うようになりました。

キッテルセンは引っ込み思案で、実生活の面では不得手なことも多く、また絵もそれほど高く売れることはありませんでしたが、とても想像力に恵まれた画家で、彼の描く「トロール」も写実的な風景にすんなり溶け込み、まるで実際に見てきたような存在感を醸し出します。

テオドール・キッテルセンは、1914年1月14日、ノルウェー南部の街で死去。56歳でした。

日本では残念ながら画集は未刊行ですが、『ノルウェー トロルのふるさと』という絵本ではキッテルセンの描いたトロールがふんだんに掲載されています。

絵本『ノルウェー トロルのふるさと』絵本『ノルウェー トロルのふるさと』 ノルウェーの画家テオドール・キッテルセン(1857 ~ 1914)は、数多くの「トロール(トロル...

また以前Googleではキッテルセンの生誕160年を記念し、ロゴがキッテルセンの絵になったこともありました。

Googleの2017年4月27日のロゴ(波紋がGoogleの文字に)

これはキッテルセンの「水の妖精」を描いた絵をモチーフにしたもので、ノルウェーなど一部の国々(日本含む)で表示されました。

テオドール・キッテルセン「The Water Spirit」 1887年 ~ 1892年