Vilhelm Hammershøi
ヴィルヘルム・ハンマースホイの世界
雑文

「北欧のフェルメール」

フェルメールと、「北欧のフェルメール」

19世紀終わりから20世紀初頭に活躍したデンマーク出身の画家ヴィルヘルム・ハンマースホイ(ハマスホイ)。

彼は、「北欧のフェルメール」と呼ばれています。

ヨハネス・フェルメールは、光を巧みに描いた中世オランダの画家で、レンブラントと同時代のオランダ黄金時代を彩ります。

フェルメールは1632年に生まれ、生涯のほとんどを故郷デルフトで過ごしました。現存する作品数は33〜36点で、他に記録に残っている作品が10点ほどと寡作の画家でした。

生前から高い評価を受けていたフェルメールですが、1675年に亡くなり、18世紀になると、その作品の少なさも影響し、急速に忘れ去られていきます。

その後、19世紀に写実主義や印象派が登場、写実的な画風の17世紀オランダ絵画も注目を浴び、フェルメールも「再発見」されることになりました。

ところで、ハンマースホイの「北欧のフェルメール」という異名には、個人的に多少の違和感がありました。

フェルメールというよりは、むしろ印象派の画家に(時代的にも、画風的にも)近く、ハンマースホイの陰鬱な気性や、あるいはデンマークの気候や歴史的な背景が、彼独特のどこか暗く物憂げな「印象」を描かせたのではないか、と。

調べてみると、フェルメールとハンマースホイの繋がりという点では、ハンマースホイは過去に三度のオランダ旅行をしています。

そして、そのときに見たとされるフェルメールの作品などオランダ絵画に、ハンマースホイは深く影響を受けたのではないか、と考えられているようです。

ただし、その共通点は「室内画」という題材の側面が大きく、両画家を比較すれば、共通点以上に違いのほうが際立ってきます。

今回、あらためてフェルメールの絵とハンマースホイの絵について、両者の画集を隣に並べて比較してみたので、そのときに感じた「違い」を3点、自分なりにざっくりとまとめてみました。

フェルメール作品の特徴とハンマースホイの違い

1、笑顔

フェルメールの作品には、しばしば笑顔が登場します。

微笑も含め、その笑顔には緊張感や嘘くささは感じられず、フェルメールの世界の住人たちは、部屋に注がれる光や服の生地のような自然な風合いの笑みを浮かべています。

ヨハネス・フェルメール「士官と笑う娘」 1655-60年

2、食事

フェルメールの作品には、食材もよく登場します。

パンや果物、ワインなどが生活の一部のように描かれます。もちろん、キリスト教(聖書)との関係性も大きいのでしょう。

西洋美術の文脈では、パンは聖餐(キリストの血と肉を象徴するワインとパンを教徒に分かつキリスト教の儀式)、牛乳は天上の飲み物を象徴する。初期に物語画家を目指していたフェルメールがそれを知らないはずがない。だとすれば、フェルメールはこのひっそりとした世俗の厨房にひそかに聖性を盛り込もうとしたとも考えられる。

出典 : 小林 頼子『フェルメール全作品集』

そうした宗教的な意味合いもあったかもしれませんが、フェルメールの描く食べ物には、生活感や温もりが感じられる、「美味しそうな」ものが描かれている印象を抱きます。

ヨハネス・フェルメール「牛乳を注ぐ女」 1657 – 1658年頃

ヨハネス・フェルメール「窓辺で手紙を読む女」 1657 – 1659年頃

3、視線

フェルメールの作品は、モデルがこちらを覗き見る視線も特徴的です。

この視線が、不思議なメッセージ性を帯びるような気もしますが、一方で、画家フェルメールの人柄も象徴しているように思います。

画家とモデルのあいだに、人間的な温もりのある繋がりを築けていたのではないか、と(下の絵も、フェルメールがモデルの女性に何か声をかけて、その反応を示しているように見えます)。

ヨハネス・フェルメール「手紙を書く女」 1665年頃

室内画という共通点はあるものの、ここまで挙げたようなフェルメールの特徴が、ハンマースホイの作品には見られません。

肖像画(多くは妻イーダ)の人物は笑顔を見せず、ほとんどうつむくか後ろ姿、ときおり画家のほうを見るモデルの眼差しも、皆うつろで不安げ。画家との暖かい信頼関係が結ばれているような気がしません。

光が注ぎ込まれることも少なく、食材もほとんど描かれていません。

室内にひっそりとたたずむイーダも、やがて姿を消し、わずかな光の差し込む、誰もいない室内が描かれます。

ヴィルヘルム・ハンマースホイ「休息」 1905年

ヴィルヘルム・ハンマースホイ「二人の人物像(画家とその妻)、あるいは二重肖像画」 1898年

ヴィルヘルム・ハンマースホイ「居間に射す陽光Ⅲ」 1903年

祈りの力の薄れた世界で、たださまよう人類の孤独。誰も存在しなくなった空虚な室内にわずかに射し込む光。

こうした光景に、ハンマースホイの世界が象徴されている、という気がします。